【一に経営、二に政治】

~国家の繁栄は会社の繁栄~ 混迷極まる現代社会において、将来の漠然とした不安やもどかしさを感じる人が多いような気がしております。 それは、わたし達の生活を決める政治が、混迷、混乱の様相を深めつつあるからなのかもしれません。 「わが国はどのような国体で、どのような方向に行く、そして良くするために国民みんなで努力する」という国家運営の方針が見えづらいというのもあるのかと思います…

続きを読む

【時代を読み取る経営】

仕事は、さまざまな業種や職種がありますが、どのような内容でも立派なものであります。 世の中のお役に立ち、誰かがその仕事によって助かってる、究極の助け合いのシステムなのではないでしょうか。 ご相談に来られる方々とお話する中で、お仕事の話題になることが多いのですが、それぞれの難しさや繊細さ、苦労があって都度、関心するばかりです。 なんとなしに街を歩いていても、一生懸命に荷物を運んで…

続きを読む

【基本は熱意】

「熱意がないと使命感もうまれない」 経営者として、ビジネスマンとして成功する必要な資質はたくさんあります。 私心を捨て公の為に励めるか、自己犠牲ができるか、先を読める力があるか、もっと細かくいきますと相手に配慮できるか、計算が早いかなど、枚挙に遑がないのではないでしょうか。 そのような中で、根本はやはり内なる熱意なのではないかと思います。 単なる知識や小手先で考えてお…

続きを読む

【経営のコツは「失敗は成功のもと」】

会社の経営をしていますと、さまざまな事が起こります。 今日はついていたな、思い通りうまくいったなという日があれば、なぜそんな事が起こってしまうのだ、困ったなという日を繰り返しているような気がします。 予想のしないことが毎日起こり、それを微調整しながら舵取りをする、それが経営者の仕事なんだろうと思うのです。 ですから、経営者は失敗や困難、難儀に耐えられるタフな精神力が必要です…

続きを読む

【経営者の生きがい】

めまぐるしく時代が変化する昨今、経営者として先を見通すのは大変難しいことです。 仕事柄、起業への準備をしておられる方のご相談も多く、さまざまなご質問を頂きます。 その中で「経営者とはどのようなものですか?」ということを聞かれます。 会社の経営が前進していきますと、社員が増えたり、取引企業が増えたり、顧客が増えたりと、役割がだんだん増えてきます。 関わりがどんどん増えてきま…

続きを読む