教えてくれない失敗しない不動産の購入方法

shutterstock_55473238.jpg

~不測の事態に備えておく~


はじめての不動産購入は心配や不安もあろうかと思います。

誰でもはじめての経験は不安がありますし、不動産購入となれば当然のことでしょう。

私たちも不動産購入のご相談やお手伝いを日々しておりますが、失敗しないポイントがいくつかございます。

その中で大事なのが、戸建てにせよ、マンションにせよ、いくらの家賃で貸せるかはひとつの目安となります。

「投資するつもりはないので関係ない」と思いがちですが、ずっと居住するつもりでも長いローンになりますから、人生なにがあるかは分かりません。

例えば・・

購入後に転勤を命令されるかもしれません。
会社が倒産、縮小で給料が下がったり、解雇にもなりかもしれません。
考えたくもありませんが、最悪のケースも想定しておくべきです。



また、長い人生の中で子供が産まれて家族が増えたり、子供が独り立ちしてして居住人数が減ったりと生活環境は変わるものです。

年齢とともに感性やニーズも変化するかもしれません。

そういったときに「動かしやすくしておく」が非常に重要です。

「動かしやすい」というのは、「住む・売る・貸す」という選択肢がいつでも取れるようにしておくべきです。

具体的には貸した場合の表面利回り(購入価格に対する年間賃料収入の割合)を計算し、何%なのかを確認します。

この数字と貸した場合の賃料が分かるとその物件の持つ力が分かります。

そして、ローンの支払いに対して、貸した場合の賃料が高いということも負債を負わないポイントです。
その他、管理費/修繕費、固定資産税、都市計画税なども計算に入れておくとより安全でしょう。

こうする事により、不測の事態がおきたときにキャッシュアウト(支払いの方が大きくなる)しなくなるのです。

万が一があった場合には、賃貸に出しておけば損はしないし、完済してしまえば、家賃はかかりませんからマイホームに戻ることは可能です。

また、完済後そのまま貸し続ければ、ローンの支払いはありませんので、まるまる賃料が収入になります。

当然、他にもおさえるべきポイントはありますが、「身軽に動けるようにしておく」が失敗しない選びかたなのです。




この記事へのコメント